注文住宅とはどういったものなの?

自由設計が特徴の注文住宅なら憧れを実現出来ます

注文住宅は、設計図を作成する所から自分の希望に沿って作り上げられるので、入居後に不満が出にくくなるでしょう。予算との兼ね合いで、実際には多少我慢をする可能性もありますが、リフォームまでの課題として最初は自由設計で始める人が多いです。
建売住宅では決められた設計図を変更出来ませんが、注文住宅ならば後から追加注文が出せる場合もあります。ハウスメーカーへ依頼すると、途中での設計変更は難しいですが、設計事務所経由で工務店に依頼すれば、追加費用が出せるなら設計変更もある程度可能です。建築基準法に引っ掛かる内容でなければ、自由度が高くなるので理想の家造りを目指す人に注文住宅は支持されています。オーダーメイドの家造りが出来ることが注文住宅の魅力と言えるでしょう。

様々な工法から選べるので個性的な仕上がりも目指せます

注文住宅を建築する際には、ハウスメーカーごとに利用可能な工法が異なるので、設計事務所に依頼する際には工法を最初に絞り込んでおく必要があります。ハウスメーカーを先に決めてしまうと、工法選択が狭められてしまうので注文住宅ならではの設計の自由度を追い求めるなら設計図作成は建築事務所へ直接依頼することが望ましいです。
追加工事が発生する可能性に備えて、建築予算には予備費を設けておくと良いでしょう。建売住宅よりもコスト面ではオーダーメイド方式を採用するために掛かることは否定できません。納得した仕上がりとするためにも、最初から予算の縛りを強くしすぎると建売住宅のように設計の自由度が失われてしまう点には注意しておきましょう。

建築デザインによって、その建物がどのような用途で利用される建物であるのかを見分けやすくする効果がもたらされます。