注文住宅メリットデメリット

自由度の高さが最大のメリット

せっかく家を建てるなら、この世に1つしかない自分だけの家が欲しいと思う人も多いですよね。そんな自分だけの家を実現できるのが注文住宅です。
注文住宅の最大のメリットは設計・建築の自由度の高さです。建物の構造から外装・内装、間取りやデザインまで自分の希望で決められるので、限りなく理想に近い家を建てることが可能です。また、設計・着工・竣工と全ての過程を確認できるので、安心感もあります。建設中に第三者機関に依頼し、建物の安全性をチェックすることも可能なんです。
注文住宅は費用がかかるというイメージが強いかもしれませんが、内装やデザインを自分で決められる訳ですから、設備のグレードを下げてコストを下げる事も可能です。

デメリットは時間と手間

注文住宅のデメリットの1つが時間と手間がかかることでしょう。建売住宅と違い建物の設計から始まるので、家の完成までの時間がどうしても長くなります。土地を探す必要がある場合、土地探し・購入の手続きも加わるの更に時間と手間がかかります。普段の仕事が忙しくてマイホーム作りに時間をかけられない人には向かないかもしれませんね。
また、完成した家のイメージを掴みにくいのもデメリットの1つです。工務店から図面や予想完成図は提示されますが、それだけで具体的な完成イメージを掴むのは困難です。実際に完成した家が期待していたイメージと違う、なんてこともあり得ます。
設備のグレードを調整してコストを抑えることも可能ですが、最初の予算を超える人の方が多いので注意が必要です。

設計事務所とは、住宅などの建築物を建てる際に、依頼主の要望を聞きながら設計図を考えたり工事監理を行う事務所のことです。