年収がどのくらいあれば注文住宅を申し込むことが出来るの?

住宅ローンと年収の関係とは

注文住宅を建てたいと考えると費用が莫大になるのは必然でしょう。土地を購入した上で、住宅を専門家と相談しながらデザインして、建設会社に建ててもらうという一連の流れの中でかかる費用を考えると、十分な年収がないと難しいと考えられます。どの程度の年収があると注文住宅を申し込めるのかと考えたときに問題になるのが資金繰りの方法としての住宅ローンの審査です。
注文住宅を建てるときには住宅ローンを使用するのが一般的です。安定した収入がある仕事についている場合には年収の5倍から8倍程度まで借り入れができるでしょう。その金額と投入できる自己資金を考えて購入できる範囲の注文住宅なら申し込むことができると考えておきましょう。

自己資金があれば年収がなくても可能

住宅ローンを組むときには年収が問題になります。金融機関としてはローンを返済してもらわなければならないからであり、安定してある程度のお金を返済に回せることが重視されるのです。しかし、住宅ローンを使用しない場合には年収がゼロであっても注文住宅を申し込めます。
自己資金で注文住宅を建てるのは難しい場合が多いでしょう。土地を既に持っているときであれば実現できることもしばしばあります。特に遺産相続の際に故人が残した資産が十分にあると、そのお金だけで注文住宅を建てられる場合があるでしょう。投資によって成功したときなども同様であり、そのときには安定した年収がなくても予算の範囲内で注文住宅を発注することが可能です。

SE工法とは強度と均一性を両立した高精度集成材と柱と梁の仕口を金物に置き換え接合することで揺ぎない強度の骨組みを生み出したラーメン構造を組み合わせた木造建築技術のことです。